読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生が車でアメリカを2週間で1周した1人旅ブログ

大学生の時にアメリカ合衆国を車で単独1周した際の旅行記です。最近大学卒業しました。

MENU

南米大陸横断2015

2015南米横断記終章: アメリカ合衆国アトランタ〜成田

長々と更新し続けてきた2015年春南米横断旅行記も、これが最終章です。 今まで見て下さり、ありがとうございましたm(_ _)m 話はリオ・デ・ジャネイロを飛び立ち、日本への中継地点・アトランタにたどり着いた所から始まります。 2015年南米横断記その21: リ…

2015年南米横断記その21: リオ・デ・ジャネイロ〜ブラジル脱出『幻想図書館』『カテドラル・メトロポリターナ』がヤバい

とにかく人でごった返すリオ・デ・ジャネイロ徘徊 昼 コパ・カバーナで昼食を摂った後、帰りのフライト(8p.m.)までの時間はリオ・デ・ジャネイロの市街地を探索することにした。 2015年南米横断記その20 : リオ・デ・ジャネイロで『イパネマの娘』を喰らう -…

2015年南米横断記その20 : リオ・デ・ジャネイロで『イパネマの娘』を喰らう

まあ音楽でもどうぞ。これが聞きたくてリオ・デ・ジャネイロに行きました。(ホント) 朝 ふと目を覚ますと、エアコンがガンガンに効いた部屋。窓辺からはぼんやりとした朝日。 Tはまだ寝ているようだ。最近ずっと腹が痛いらしい。 カーテンをガバっと開けて…

2015年南米横断記その19:イグアスの滝→(飛行機乗り過ごし)→リオデジャネイロ

朝 結局、かなりの手間隙かけてアルゼンチン側のイグアスの滝までわざわざサンパウロから来た訳だが、スケジュールを詰めすぎていたため「アルゼンチン滞在時間約24時間」というかなりアホな事態に陥った我々。何に生き急いでるのか、度々考えたりもしたが、…

2015年南米横断記その18:国境越えしてアルゼンチン側からイグアスの滝『滝壺突入』

前日、南米の超大国『ブラジル連邦共和国』の最大都市『サンパウロ』から夜行バスに乗り込み10数時間。 我々はブラジルのフォス・ド・イグアスという街にたどり着く。世界遺産『イグアスの滝』は世界有数、というか世界最大の超巨大瀑布。3カ国(ブラジル・ア…

2015年南米横断記その17:ラパス→サンパウロ→イグアス 『サンパウロのすき家からイグアスの滝へ』

朝一でラパスからサンパウロに飛ぶ 昨日、ウユニから間一髪で脱出し、小型機でラパスに降り立つ。その後ホテルに直行したため、ラパスではほとんど何も出来なかった。 ラパスのそこそこ良い4つ星ホテルを早朝に起床して、呼んでいたタクシーに乗り空港まで向…

2015年南米横断記その16 : 飛行機でウユニ→ラパス 『アマゾナス航空』でウユニのリアルクレイジータクシー体験

https://www.amaszonas.com/en-us/ ウユニからの脱出方法 さて、ウユニ周遊2泊3日の旅の最終日、早朝に間欠泉やウユニ温泉を観光した後、ダリの砂漠を爆走、奇妙な石を見てケチュアの伝説を聞いたあと、我らの頼れる無口なドライバー・コキの超絶テクによっ…

2015年南米横断記その15:ウユニ湖2泊3日ツアー最終日『ウユニ湖の温泉はぬるい』

朝 満月がまだ明るい午前4時、ドライバーのコキに叩き起こされて出発。 今回のウユニ湖ツアーは道中道中でドライバーが「こういうのあるけど、どこ行きたい?」とかなりフレキシブルなものだった。が、スペイン語が辛い部分が合ったので、コロンビア人に訳し…

2015年南米横断記その14:ウユニ湖3日目フラミンゴとダリの砂漠とアバロア国立公園

朝 石造りの平屋掘っ立て小屋(電気あり)から目覚めて見ると、外は快晴山もバッチリ、気温良好の南米日和だった。 遠くの山に、笠がかかる。しかも二重。まず日本の山では観られない光景だが、おそらく5000m級の山なのだろう。ワシントン州のレーニア山でも…

2015年南米横断記13:ウユニ湖2泊3日ツアーでキアヌ畑を爆走・インカワシ島

前日の日帰りウユニ湖ツアーから帰還し、シウダー・デ・ウユニのオテルで1泊。 あまりにホテルがセメント臭いので、朝食は街のカフェで食すことにする。 それにしてもこのウユニの街、世界中から旅行好きの少し感性に自信ある人達が多く訪れるからか、そこ…

2015年南米横断記12:ラパス→ウユニ村のホテルとウユニ湖

前日の夜、我々を乗せたバスは出発した。 出発地点=ラパスの時点で非常に標高が高かったので、あっという間に眠りに落ちる。その後、おそらくノンストップでバスは南下したと見られる。 気が付くと、バス砂埃を巻き上げながら荒野を爆走していた。あたりが…

2015年南米横断記11: クスコ→ラパス サンフランシスコ教会訪問

クスコ空港へ 前日、マチュピチュから列車に乗り、途中バスに乗り換えるなどしてクスコの宿にたどり着いたのが深夜。 しょぼい宿だがぐっすり寝て、朝5時に起床する。前日に、宿のオッサンにタクシーを手配しておいてもらったので、丁度の時間にタクシーが到…

2015年南米横断記10:マチュピチュ2日目・奥の方に行ってみる

朝はスロースタート 秋口に入り掛けた2月末のマチュピチュ。そこまで暑くなく、非常に過ごしやすい朝の中起床。川のほとりにある宿にもかかわらず、そこまで湿気を感じないのが素晴らしい。 残り物のインカ・コーラと少しばかりの食料を食べて出発の準備をす…

2015年卒業旅行・南米4カ国周遊記9: マチュピチュ訪問1日目「ワイナピチュ」

朝 8時ころにマチュピチュ村から遺跡へのバス発着場に向かう。チケット購入の列が形成されているのでひと目で分かる。割引も各種あり、学割もあるようなので「エストゥディアンテ?」と聞いてみるとペルー国民にのみ適応されるとのこと。おとなしくバスのチ…

2015年南米横断記8:オリャンタイタンボ〜マチュピチュ村:ペルー鉄道

ペルー鉄道 www.perurail.com ↑補足的になるが、こちらがペルー鉄度のHP。先ほど(2016/01/03)見たらレイアウトが変わっており、何やらサービスも変わってるようなので整備し続けているようだ。 ということで、オリャンタイタンボ遺跡見学のその後、再び来…

2015年南米横断記7:クスコ~オリャンタイタンボ:コレクティーボに乗ってオリャンタイタンボに行く

朝、ホテルでマチュピチュへ向けて出発の準備を整える。 この日のプランとしては、 朝:クスコ発 コレクティーボ(乗り合いハイエース)に乗る 昼:オリャンタイタンボ着 オリャンタイタンボ遺跡を見学 夕:オリャンタイタンボ発〜ペルビアン鉄道〜マチュピ…

2015年南米横断記6 クスコ:マチュピチュのチケットを買う

部屋に荷物を置き、クスコ観光。まだ午前。 クスコはどうやらそこまで大きくない街のようで、結構のんびりした感じがする。 マチュピチュ入場券 マチュピチュには入場券がいる。しかも人数調整しているため、シーズンなどでは事前に買っておく必要がある。オ…

2015年卒業旅行・南米4カ国横断記5 リマ~クスコ:夜行バス「cruz del sur」

世界最強のバス Cruz del sur 午前、リマで博物館観光をし昼食を食べ、ビールを飲んでからクスコへ向かうバスのターミナルへとタクシーで向かう。途中、道がやたらと渋滞していて焦るが、なんとかリマのバスターミナルに到着。 ↑ 上記のバスターミナルが、今…

2015年卒業旅行・南米4カ国横断記4:リマ観光「ペルー国立考古学・人類学・歴史博物館 」

ペルーに到着してから3日目、いよいよ当山ペンションに別れを告げ、全ての荷物を持って出発する。この日の目標は午前中に宿から一番近かった博物館で時間を潰し、午後にクスコへ向かう算段。これ以外は決まっておらず、ほぼノープランに近い。 ペルー国立考…

2015年卒業旅行・南米4カ国横断記3: リマ観光「セビーチェが美味すぎて腹を壊す」

ペルー料理『Cebiche(セビーチェ)』 前日深夜3時にペルー・リマの宿に到着しそのまま1周した時差ボケのお陰でスヤスヤ眠り、8時くらいには起きることが出来た。時差は14時間くらいはあるはずなのだが、機内泊と微妙な時間での目的地到着が影響してか全く辛く…

2015年卒業旅行・南米4カ国横断記2:成田〜リマ「当山ペンションに助けられる」「ぺぺは神」

2015年3月初旬、宿や現地での移動手段を一切決定していないというかなりの準備不足の中、成田へと向かう。 装備 ケルティ メンズ Kelty Redwing 44 Backpack[並行輸入品] メディア: ウェア&シューズ この商品を含むブログを見る 今回の約2週間ほどの旅で使用…

2015年卒業旅行・南米4カ国横断記その1: 事前準備編

時はまたまた遡ることほぼ一年前。12月、旧友のT氏からある報を受ける。 「南米行かないか?」 自分には過去、南米に苦い経験があった。2012年、たった30万でアルゼンチンに1カ月以上滞在できるチャンスがあったのだが、諸々適当に理由つけて行かなかった。…

画像の無断転載を禁じます