読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生が車でアメリカを2週間で1周した1人旅ブログ

大学生の時にアメリカ合衆国を車で単独1周した際の旅行記です。最近大学卒業しました。

MENU

2013年アメリカ1周【終章】13日目:オレゴン州〜ワシントン州シアトル

アメリカ1周

2013年9月17日:13日目(最終日)

 

アメリカ合衆国を単独でドライブ、1周した旅も佳境に差し掛かる。

 

カリフォルニアの強い日差しで盛夏の感すら有った前半。

砂漠をひたすら突き進み、大陸横断の長大さを実感したアメリカ南部徘徊の中盤。

博物館周りがヒートアップした東海岸、そして妙な寂寥感をひしひしと感じたユタ州。

 

最後はオレゴン州、そしてワシントン州へと北上するだけのドライブだった。

天気もぐずりがちで、これまでは本当に運に恵まれていたなと実感した。

 

といっても、雲の間から垣間見る霊峰・マウントレーニアとマウントアダムスは雪もガッツリかぶり、まだまだアメリカ旅行は序盤だなと感じずにはいられなかった。

 

 

f:id:T_TAPER:20150829172034j:plain

 

最後のレストエリアから見下ろす、ノースウエストの大地。

 

 

 

日本もよく世話になっているヤキマ演習場の直ぐ脇にあるレストエリア。富士山の演習場のような雰囲気だ。

 

 

f:id:T_TAPER:20150829172045j:plain

 

 

 

f:id:T_TAPER:20150829172054j:plain

 

マウント・アダムス  標高3743メートル

 

f:id:T_TAPER:20150829172121j:plain

 

マウント・レーニア 標高4392メートル

登るには相当の覚悟と根気が必要そうだ。

参考:

アメリカ・レーニア山を登る | outdoor@world|海外自転車ツーリングなどこだわりの海外旅行を!

マウント・レーニア登山

 

 

f:id:T_TAPER:20150829172103j:plain

 

一言で言うと、荒涼としている。

 

 

色々と見てきたが、まだまだ見たいものが沢山ある。いつかまた、アメリカをドライブしたいな、と思う帰路であった。 

 

 

そして無事帰還

f:id:T_TAPER:20090123221804j:plain

 

シアトルは夏の陽気に包まれていた

 

f:id:T_TAPER:20130917084825j:plain

 

これが帰還直後に撮影された我らがビレジャー号の勇姿である。

 

f:id:T_TAPER:20130917084830j:plain

 

無数の虫の死骸が張り付いている

 

f:id:T_TAPER:20130917084834j:plain

 

そのあまりの生々しさに、見たものは声を無くすだろう。

まさに激闘だった。

 

フロントグリルからは名も知らぬ巨大な羽虫の亡骸が出てくる出てくる。

 

 

お疲れ様でした。

 

 

画像の無断転載を禁じます