読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生が車でアメリカを2週間で1周した1人旅ブログ

大学生の時にアメリカ合衆国を車で単独1周した際の旅行記です。最近大学卒業しました。

MENU

2014年上海遠征その2:上海の夜景は霞んでいるのか?

f:id:T_TAPER:20170106030027j:plain

 

 

上海といえば夜景

 

 

PM2.5などの大気汚染が本格的に報道され始めた2014年・夏の状況ですが、実際夜の光景はどのように見えるのでしょうか。

 

↑お昼は晴れているにも関わらず、遠くが霞がかった様子。

明らかにスモッグの影響です。

 

 

 

f:id:T_TAPER:20170106030134j:plain

 

そしてこれが

バンド(外灘:ワイタン)と呼ばれる、最も有名なエリアから撮影しました。

 

上空には雲も若干出ていますが、お昼ほどは霞が気にならない感じです。

遠くのビルもハッキリと見える気がします。

 

 

 

f:id:T_TAPER:20170106030148j:plain

 

 

さすが上海、サイバー感あるビルなどが林立しています。

LEDの電光掲示だからでしょうか、光はかなりハッキリと確認できます。

 

 

f:id:T_TAPER:20170106030206j:plain

 

昼はただ視界が悪くなるだけのモヤですが、夜になるとビルの光に照らされて大気自体が発光しているかのような幻想的光景へと変化します。

 

夜になれば大気汚染はほぼ気にならない、というのが正直な感想です。

 

 

 

f:id:T_TAPER:20170106030221j:plain

 

ものすごいデザインの屋形船も多くが往来していました。

 

 

f:id:T_TAPER:20170106030235j:plain

 

旧租界エリアも非常に見応えがあります。

大規模な西洋建築はまさにロンドンにいるかのようです。

 

 

 

おまけ

f:id:T_TAPER:20170106030248j:plain

 

中国のマウンテンデュー。

ボトル自体が蛍光塗料で発光しており、非常にクアンタムな味わいです。

ロゴのデザインも非常に独特。

 

味は日本のものと全く同じでした。

 

 

画像の無断転載を禁じます