読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生が車でアメリカを2週間で1周した1人旅ブログ

大学生の時にアメリカ合衆国を車で単独1周した際の旅行記です。最近大学卒業しました。

MENU

2014年イタリア半周その7: ローマ→オルベテッロ→ピサを国道1号線アウレリア街道で爆走。ピサの斜塔を見ながらピザ食べる

無事サン・ピエトロ大聖堂にも登り、ローマでの取り敢えず の目標を達成します。 本当はバチカン美術館も行きたかったのですが、本日中にミラノにたどり着かなければならない為(レンタカーを返却しなければならない為)、やむなく直ぐ様ローマを出発します。…

2014年イタリアドライヴその6:ローマ市街の夜&サン・ピエトロ大聖堂の頂上に登る

いよいよ旅の折り返し地点、ローマに到達しました!!!106です。 古代ローマの叡智の結晶・ローマ水道の終着点である泉が沢山ローマにはありますが、噴水があるのはコロンナ広場 です。目の前にガレリアがあり、ショッピングの中心でもあります。とにか…

2014年イタリアドライブその1.5:スフォルツェスコ城で黒人のミサンガ売りにミサンガを巻きつけられた話

こんにちは、106です。 今回は番外編ということで、ミラノ観光で確実に遭遇するであろう、例の治安情報に関する話題です。

2014年イタリアドライヴその5:塔と迷路の街・世界遺産『サン・ジミニャーノ』へ車でGO!

イタリア滞在4日目、フィレンツェの宿を出発して本日はローマに投宿する予定ですが、それ以外何も決まっていません。 折角車があるので、行きにくい場所は・・・と検討していると、ローマとフィレンツェの間に、ちょうどよい世界遺産がありました。 『サン・…

2014年イタリアドライブその4:朝靄に包まれたフィレンツェのダヴィデ像と『ヴァザーリの回廊』

特に目的もなく、ミラノからローマまでレンタカーで行く旅・フィレンツェで途中下車中です。

2014年イタリアドライブその3:夜のサンタ・マリア大聖堂と朝のフィレンツェ【画像集】

皆さんこんばんは、106です。 イタリア半周レンタカーの旅、長かった2日目もミラノからフィレンツェへとたどり着くことで、ようやく終わろうとしています。

2014年イタリア半周その2:ドゥオーモを見てからミラノからフィレンツェまでドライブ

皆さんこんにちは、106です。 特に目標もなく、ミラノからローマを車で目指すということ以外決まっておらずゆるりと始まった2014年春のイタリア・ロードトリップ。 今回から早速車を転がし始めます。

2014年イタリア半周レンタカーの旅その1:ミラノから始まるレンタカーの旅。まずは『ブレラ美術館』

※2017/01/27ブレラ美術館を追記 突然ですが、海外旅行で何度行っても飽きない国はどこなのでしょうか。

2014年上海遠征その6 : 歴史的建築物と最新の高層ビル群、見ていて楽しいのはどっち?

ある夏の朝の上海の様子。 とてもガスっています。 ということで短い上海滞在も最終日。この日は午前に上海が誇る高層ビルを登りに行きました。

2014年上海遠征その5:やることが無くなったので日本租界を街歩き。謎のリトルアキバを発見する

突然ですが、豫園を訪れた後、やることがなくなってしまいした。 そもそもそこまで興味が無かった中国・上海。 1930年代の共同租界から歴史を感じる事ができるかな、と思ったのですが、植民地時代の歴史を色濃く残しているのは建物だけで、文化的シーンやら…

2014年上海遠征その4: 豫園(よえん)の周りは激混みだった!しかし建物は魅力充分!小籠包食べて!

と、言うわけで豫園(よえん)です。上海の主要な観光地の一つ、豫園に行きました。 豫園とは? 豫園はピンインだとYùyuán。今から約500年ほど前の明の時代の庭園の事で、その周りに↑の写真のような大規模建築が密集しています。これらは「豫園商城」とその名…

2014年上海遠征その3 :ほぼアメ横なオシャレ路地裏迷宮『田子坊』に行ってみる

初めての上海滞在も2日目に入りました。 初日で殷代の文明に触れ、本場の中華を食べ、夜景もバッチリ見てしまったので、2日目の朝は悠久の長江の様にゆったりと、そして滋味深い黄河の様にまったりと起床。 しかし日本との時差1時間。時差ボケのせいもあり、…

2014年上海遠征その2:上海の夜景は霞んでいるのか?

上海といえば夜景。 PM2.5などの大気汚染が本格的に報道され始めた2014年・夏の状況ですが、実際夜の光景はどのように見えるのでしょうか。 ↑お昼は晴れているにも関わらず、遠くが霞がかった様子。 明らかにスモッグの影響です。 そしてこれが夜。 バンド(…

2014年上海遠征 1日目:チベット密教の面がズラリ!『上海博物館』は本当におすすめ

2014年8月、久しぶりの純粋な旅行で上海ということで行ってきました。 初の中華人民共和国。 数日しか滞在しなかったのですが、今までとは違う小旅行記として特に印象に残った場所を紹介します。 今回の度は成田から。初めて?成田のラウンジに入りましたが…

2013年アイルランド→トルコの旅:その7 アヤソフィア周辺ぶらぶら食事編

エジプトからもたらされた数千年前のオベリスク。 この場所にオベリスクを立てたのが東ローマ帝国皇帝のテオドシウス1世*1だったため、「テオドシウスのオベリスク」とも呼ばれているらしいです。実際は紀元前15世紀頃、新王国時代の王トトメス3世の時代のも…

2013年アイルランド→トルコの旅その6: 飛行機乗り遅れ何故かイスタンブール観光をするハメになった編

ダブリン空港の電光掲示板は古い・見辛い。 事の始まりは、帰国前夜。諸作業が完全終了したということで、皆ワイワイといい気分でビール・ウィスキー天国のダブリンを満喫していたわけです。4,5軒ハシゴしてホテルに戻っても飲むわ飲むわのアメリカ人。流石…

2013年アイルランド→トルコの旅その5 :夜のダブリンを徘徊してみたら素晴らしく安全だった件

ダブリンは 高緯度だからか町が其処まで大きくないからか、 夜にもなると辺りは本当に真っ暗になります。 しかしご安心を!町自体は一般的なヨーロッパの都市ですが、そこまで危険な雰囲気はありません。 そして何よりも、建物がとても明るくライトアップさ…

2013年アイルランド→トルコの旅その4: マジック・ザ・ギャザリング大会についていくということ

今回は若干趣向を変え、このダブリン滞在期間に行われていた『マジック・ザ・ギャザリング』のプロツアーの様子について振り返ってみたいと思います。あまりダブリンには関係ないですが。 そもそもマジック・ザ・ギャザリング(MTG)のプロツアーって?という…

欧州縦断2013番外編・アムステルダムのグラフィティ

アムステルダムというとどの様なイメージを持たれるでしょうか。風車がグルグル回り、明るい日差しにシルヴァニアファミリー的なお家と運河のセット。はたまた、夜な夜な赤いネオン管に大人が群がり暗がりで何やら背徳的な事を割と堂々とやったいる。そんな…

2013年アイルランド→トルコの旅その3: 『ジェイムソン醸造所』でテイスティング&創業1198年のパブ

ダブリンは小さいながらも色々詰まったナイスタウン。 この標識には、「ジェームス・ジョイス・センター」とありますが、ダブリンといったらそう、20世紀最大の小説家ジョイスの『ダブリン市民』『ユリシーズ』! ダブリン市民 (新潮文庫) 作者: ジョイス,安…

2013年アイルランド→トルコの旅その2 『ケルズの書』にお目見えする

*1 『ケルズの書』について その名の通りケルズの本で、アイルランドのケルズ修道院で作られた聖書の写本です。 現在はアイルランドの国宝に指定されていますが、その理由はとにかくこの本が豪華な事。世界でもっとも美しい本と言われています。 豪華な本と…

2013年ダブリン→イスタンブールの旅その1 :とりあえず『トリニティ・カレッジ』訪問

今思えば本当にあちこち訪れていた2013年。 昨日、数年の時を経てようやく夏のヨーロッパ紀行をまとめたのですが、 実はまだまだ2013年=大学4年時に旅した記録が残っていたのでした。 今回の話は2013年10月。場所はアイルランド共和国、ダブリンです。 なぜ…

2013年欧州縦断アムステルダム→ローマの旅その17(最終回):『イタリア脱出』

はいさい! 2013年ヨーロッパ縦断アムステルダム→ローマの旅も今回が最終回となります!! この日の目標は、「イタリアを脱出して明日の午前中にアムステルダムに到達(車で)、午後一の飛行機に乗る」という超弾丸スケジュールでした!(笑) 前回までの16回…

ヨーロッパ車で縦断2013アムステルダム→ローマその16:『夜間ローマ市街徘徊』 

『ローマを歩くなら、夕暮れ時』 滞在時間が24時間にも満たなかった今回のローマだが、なんとなくそう思った次第。 何故かというと、夏のローマの夕暮れ時は陰影がハッキリ付くから。近代的なビルではない、昔の巨大建築の影がでかでかと広場に投げ出される…

2013年ヨーロッパ縦断車の旅その15 :フィレンツェ→ローマは車で3時間!そのままサン・ピエトロ大聖堂前に乗り付け突入

■この日のタイムスケジュールは至ってシンプル。 朝ピサの斜塔付近で起床し、ピサの斜塔を見学、そのままフィレンツェに行って徘徊。 ウフィツィ美術館のチケットを予約だけしてそのままローマへ直行。なんだかんだ、午後4時くらいにはローマはサン・ピエト…

欧州縦断2013アムステルダム→ローマの旅その14:ピサ→フィレンツェが車だとたった90分の激チカだった!

ピサで一泊し、以前ローマを目標に南下を続ける『アムステルダム→ローマの車旅2013』。地中海にほど近いピサの街は、なんとフィレンツェと同じ「トスカーナ県」だったのです!距離にして約90キロ、時間にして1時間半と、ドライブのロードトリップなら行かな…

2013年ヨーロッパ縦断アムステルダム→ローマの旅その13:深夜にピサの斜塔を徘徊してみる

↑ヴァポレット内部。夕方もかなり混んでいたが、なんとか座席に座ることが出来た。 ヴァポレットは外の風景も見れるので、座れなくても楽しい。 ほとんどの乗客は歩き疲れ、疲弊している。 ローマ広場の駐車場の階段。 なんだか、昭和のイタリアって感じで良…

2013年ヨーロッパ縦断アムステルダム→ローマの旅その12:ゴンドラでヴェネチア観光を済ませる

この日のおさらい ・午前2時:イタリアに到達、睡眠 ・午前中:ヴェローナ市内観光 ・お昼:ヴェネチアに乗り付けてヴィットーリオ・エマヌエーレ2世像の前でパスタを食べる。 ・3時くらい:ゴンドラに乗る ということで、ヴェネチア観光に来たらやっぱりこ…

2013年ヨーロッパ縦断アムステルダム→ローマの旅その11:サンマルコ広場とテトラルキア

ヴェネチアのローマ広場に車で乗り付け即立駐に入庫、水上バスのヴァポレットに乗り込みイタリア建国の父「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世」像があるバス停で降りて昼食を食べた我ら一行は、早速ヴェネチア観光を敢行するため最寄りのガイドブックスポット…

2013年ヨーロッパ縦断:アムステルダム→ローマの旅その10「車でヴェネチア上陸」

今回のヨーロッパドライブ縦断まとめ! ・旅程:アムステルダム→ヴェローナ→ヴェネチア→ピサ→フィレンツェ→ローマ→スイスのどっか→アムステルダム(陸路) ・期間:5日 (2013年7月) ・車:プジョー208 ・参加人数:4人 (筆者以外アメリカ人) ・アムステルダム…

2013年ヨーロッパ縦断アムステルダム→ローマの旅その9:ヴェローナ『ジュリエットの家』でパイタッチ!

ヴェローナ市街にたどり着いたら、まず最初に円形闘技場に行ってしまうのは人の性。 しかし、街全体が世界遺産のヴェローナ。どこを見ても絵になるのが本当に素晴らしいのです。 例えば、この尖塔。 ランベルティの塔 ヴェローナでも随一の高さ(84m)を誇る建…

2013年ヨーロッパ縦断アムステルダム→ローマの旅その8:今年は世界遺産のヴェローナ劇場100周年だった

朝起きると、そこは眩い光で包まれたオランダの豊かな田園風景・・・ではなく、高速の出口が見える妙に整備された田舎のラウンドアバウト。そう、ここはヨーロッパの高速道路E-70出口のヴェローナ。 前回の様子→ 長い長いアムステルダムでの滞在を歴て、遂に…

2013年ヨーロッパ縦断:アムステルダム→ローマの旅その7『プジョー208』に乗ってローマを目指す1200kmの旅!

アムステルダムに滞在すること約1週間、非常に濃い夏のアムステルダムを体験することができて大満足でしたが、それでも連日案件でヘトヘト。ついに案件も終わり、さてどうする!ということでアレコレしてると、折角ヨーロッパに来たのだからどっか行こう!と…

2013年ヨーロッパ縦断:アムステルダム→ローマその6『オランダ国立美術館』は必見絶対行くべし!

こんにちは。最近某巨大掲示板群がDDos攻撃を受け、連日鯖落ちの憂き目に。そこで住人が選んだ避難先は、オランダにある過疎掲示板。サイバースペース民族大移動を目撃してしまった感がありますが、とにかくオランダはリアルでもソドムと言うには惜しいくら…

2013年ヨーロッパ縦断:アムステルダム→ローマの旅その5『アンネの家&ゴッホ美術館』(Anne Frank Huis & Van Gogh Museum)

↑アンネの家の「隠し扉」 朝、イタリアを目指す旅に出る直前、最後にアムステルダム観光を敢行しました。ウッ アムステルダムと言えばアート系か、コーヒーショップなどの飲食系に目が向きがちですが、『アンネ・フランクの家』などの史跡系も結構あります。…

2013年ヨーロッパ縦断:アムステルダム→ローマの旅その4『アムステルダムのアダルトショップ』など

2013年ヨーロッパ縦断:アムステルダム→ローマの旅とかいうタイトルなのにまだ旅立ってねえじゃねえか!というそこのアナタ! 大変申し訳ありません。アムステルダムがあまりにも面白い街だったので、今しばらくアムステルダム話にお付き合い下さい。アムス…

2013年ヨーロッパ縦断:アムステルダム→ローマの旅其の3『アムステルダム・ゲイプライド』

「ラグビーじゃないよ」「女王様に鎖で繋がれてるから多分SMクラブ」 「XXX」というと、湯乃っち?xxxHOLiC?バンドのXX?良く分からない?アタシも。 XX (Dig) アーティスト: XX 出版社/メーカー: Xl Recordings 発売日: 2009/10/13 メディア: CD 購入: 5人 …

2013年ヨーロッパ縦断:車でアムステルダム→ローマの旅2『続・アムステルダム街歩き』

突然ふと思い出したので始まった記事シリーズ、『欧州縦断2013』。 まずは旅の起点・アムステルダムで何日か滞在した際の記録をダラダラと写真と共にお供えしてみる。 とは言えアムステルダム。今すぐにでも行きたいヨーロッパの街Best3には常時入っているし…

2013年ヨーロッパ縦断:車で欧州縦断爆走の旅アムステルダム→ローマその1『アムステルダム街歩き』

2013年7月 アムステルダム→ローマ往復弾丸ドライブの旅 まだまだ大学の時に行ったよその土地の思い出話は尽きません。 次は欧州。まだ『水どう』にもハマって無かった頃、北はアムステルダムから南はローマまで、欧州のど真ん中を縦断するレンタカードライブ…

2015南米横断記終章: アメリカ合衆国アトランタ〜成田

長々と更新し続けてきた2015年春南米横断旅行記も、これが最終章です。 今まで見て下さり、ありがとうございましたm(_ _)m 話はリオ・デ・ジャネイロを飛び立ち、日本への中継地点・アトランタにたどり着いた所から始まります。 2015年南米横断記その21: リ…

2015年南米横断記その21: リオ・デ・ジャネイロ〜ブラジル脱出『幻想図書館』『カテドラル・メトロポリターナ』がヤバい

とにかく人でごった返すリオ・デ・ジャネイロ徘徊 昼 コパ・カバーナで昼食を摂った後、帰りのフライト(8p.m.)までの時間はリオ・デ・ジャネイロの市街地を探索することにした。 2015年南米横断記その20 : リオ・デ・ジャネイロで『イパネマの娘』を喰らう -…

2015年南米横断記その20 : リオ・デ・ジャネイロで『イパネマの娘』を喰らう

まあ音楽でもどうぞ。これが聞きたくてリオ・デ・ジャネイロに行きました。(ホント) 朝 ふと目を覚ますと、エアコンがガンガンに効いた部屋。窓辺からはぼんやりとした朝日。 Tはまだ寝ているようだ。最近ずっと腹が痛いらしい。 カーテンをガバっと開けて…

2日目後編:NASAエイムズ研究センター〜カリフォルニア州ファイアーボー【ロケットとライブ】

2016/05/02:動画追加 2013年9月6日:後編 ↓中編 <a href="http://ktus.hatenablog.com/entry/2015/02/07/232817" data-mce-href="http://ktus.hatenablog.com/entry/2015/02/07/232817">2日目中編:アップル本社〜コンピュータ歴史博物館〜インテル博…

ホステル予約プロセス覚え書き

1 予約 予約は複数の経路から行うことができるが、それぞれ対応・コスト面で大きな隔たりが見られる。 直予約(globekey) Globekey.jp | 自社ホームページの予約システムを世界基準へ 自社のHPからダイレクトに予約フォームへ進み、予約を確定させる。予約フ…

2015年南米横断記その19:イグアスの滝→(飛行機乗り過ごし)→リオデジャネイロ

朝 結局、かなりの手間隙かけてアルゼンチン側のイグアスの滝までわざわざサンパウロから来た訳だが、スケジュールを詰めすぎていたため「アルゼンチン滞在時間約24時間」というかなりアホな事態に陥った我々。何に生き急いでるのか、度々考えたりもしたが、…

2015年南米横断記その18:国境越えしてアルゼンチン側からイグアスの滝『滝壺突入』

前日、南米の超大国『ブラジル連邦共和国』の最大都市『サンパウロ』から夜行バスに乗り込み10数時間。 我々はブラジルのフォス・ド・イグアスという街にたどり着く。世界遺産『イグアスの滝』は世界有数、というか世界最大の超巨大瀑布。3カ国(ブラジル・ア…

2015年南米横断記その17:ラパス→サンパウロ→イグアス 『サンパウロのすき家からイグアスの滝へ』

朝一でラパスからサンパウロに飛ぶ 昨日、ウユニから間一髪で脱出し、小型機でラパスに降り立つ。その後ホテルに直行したため、ラパスではほとんど何も出来なかった。 ラパスのそこそこ良い4つ星ホテルを早朝に起床して、呼んでいたタクシーに乗り空港まで向…

2015年南米横断記その16 : 飛行機でウユニ→ラパス 『アマゾナス航空』でウユニのリアルクレイジータクシー体験

https://www.amaszonas.com/en-us/ ウユニからの脱出方法 さて、ウユニ周遊2泊3日の旅の最終日、早朝に間欠泉やウユニ温泉を観光した後、ダリの砂漠を爆走、奇妙な石を見てケチュアの伝説を聞いたあと、我らの頼れる無口なドライバー・コキの超絶テクによっ…

2015年南米横断記その15:ウユニ湖2泊3日ツアー最終日『ウユニ湖の温泉はぬるい』

朝 満月がまだ明るい午前4時、ドライバーのコキに叩き起こされて出発。 今回のウユニ湖ツアーは道中道中でドライバーが「こういうのあるけど、どこ行きたい?」とかなりフレキシブルなものだった。が、スペイン語が辛い部分が合ったので、コロンビア人に訳し…

2015年南米横断記その14:ウユニ湖3日目フラミンゴとダリの砂漠とアバロア国立公園

朝 石造りの平屋掘っ立て小屋(電気あり)から目覚めて見ると、外は快晴山もバッチリ、気温良好の南米日和だった。 遠くの山に、笠がかかる。しかも二重。まず日本の山では観られない光景だが、おそらく5000m級の山なのだろう。ワシントン州のレーニア山でも…

画像の無断転載を禁じます