読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生が車でアメリカを2週間で1周した1人旅ブログ

大学生の時にアメリカ合衆国を車で単独1周した際の旅行記です。最近大学卒業しました。

MENU

2015年卒業旅行・南米4カ国横断記4:リマ観光「ペルー国立考古学・人類学・歴史博物館 」

 

f:id:T_TAPER:20151212064311j:plain

 

ペルーに到着してから3日目、いよいよ当山ペンションに別れを告げ、全ての荷物を持って出発する。この日の目標は午前中に宿から一番近かった博物館で時間を潰し、午後にクスコへ向かう算段。これ以外は決まっておらず、ほぼノープランに近い。

 ペルー国立考古学・人類学・歴史博物館 

Museo nacional de Arqueología, Antropología e historia del Perú, colecciones, publicaciones,museo, Pueblo Libre, Ministerio de cultura | Museo Nacional de Arqueología, Antropología e Historia del Perú

(公式サイト)

 

 

 

当山ペンションから徒歩で向かう。

 

f:id:T_TAPER:20151212064342j:plain

 

途中、陽気な日差しの割には人通りは少なかったが、危険な印象は特に受けなかった。

もちろん、大通りを外れた小道には入らないようにした。

 

 

f:id:T_TAPER:20150225133051j:plain

 

道中には軍施設もあり、ヘリコプターや電車が展示してある公園などもある。

 

f:id:T_TAPER:20151212064442j:plain

 

博物館に着いてさっそく見学する。博物館自体は想像以上にしっかりと運営されており、美しい中庭を備え格調高い雰囲気が漂っていた。

 

f:id:T_TAPER:20151212064543j:plain

 

展示物はペルー内で発掘された土器やテキスタイルなど

 

f:id:T_TAPER:20151212064644j:plain

 

ペルーという国の性質上、考古学的内容が大半を占める。

 

f:id:T_TAPER:20151212064731j:plain

 

文字を持たない文化の展示は、かなり興味深かった。

 

f:id:T_TAPER:20151212064808j:plain

 

中でも動物を模した土器は極めて個性的で、見ていて全く飽きない。

 

f:id:T_TAPER:20151212064850j:plain

 

f:id:T_TAPER:20151212064908j:plain

 

f:id:T_TAPER:20151212064935j:plain

 

超巨大なマチュピチュの模型もあるので、マチュピチュ事前学習には持ってこい。スペイン語が読めればさらに完璧。 多くの展示物は英語も併記してあるが、古い展示物にはスペイン語のみの物もあった。といっても、展示物がかなり多いのでいちいち読んでる暇もあまりなかった。

 

 

昼食はビール醸造所で

f:id:T_TAPER:20150225115304j:plain

ストリート・アートが結構盛んみたい

 

 

博物館を出た後、昼飯を探し、近場のよさ気なレストランに行ってみる。

f:id:T_TAPER:20151212060026p:plain

角地にあるここのレストラン。

 

英語は全く通じなかったが、開店までもう少し待ってくれとの事だったので時間を潰して再び訪れる。すると店員が待たせてスマンとばかりに隣接するビール醸造場まで連れて行ってくれ、色々なビールを試飲させてくれた。スペイン語は色なら理解したので(自分が)、ロホ!ナランハ!!ネグロ!!Si Si Si jajajaって感じで意思疎通を図った。

 

f:id:T_TAPER:20150225120634j:plain

 

このHopsというお店。博物館から徒歩2分くらい。

 

公式サイト  Hops

かなりモダンでおすすめ度は高い。公式サイトを見ればわかるが、立派な地ビールレストラン。ペール・エールもかなり美味かった。

 

 

f:id:T_TAPER:20151212065147j:plain

 

料理も普通に美味しかったです。そこまで値段も高く無い模様。芋がかなり美味かった。パン食ではなく、米食なのも嬉しい。

 

f:id:T_TAPER:20151212065300j:plain

 

そして必ずついてくるセビーチェ。ドカ盛り。

 

 

f:id:T_TAPER:20150225120459j:plain

 

店内はかなり広く、ビール醸造所とレストランが一体化したかのような作り。

夜に来たらもっと楽しいかもしれない。店員さんはとてもフレンドリーでミ・アミーゴって感じだった。

 

食事を済ませた後、いよいよクスコへ向かうためのバスターミナルへタクシーで移動する。

 

(続く)

画像の無断転載を禁じます