読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生が車でアメリカを2週間で1周した1人旅ブログ

大学生の時にアメリカ合衆国を車で単独1周した際の旅行記です。最近大学卒業しました。

MENU

2013年ヨーロッパ縦断:アムステルダム→ローマその6『オランダ国立美術館』は必見絶対行くべし!

博物館 欧州縦断2013

f:id:T_TAPER:20160823012756j:plain

こんにちは。最近某巨大掲示板群がDDos攻撃を受け、連日鯖落ちの憂き目に。そこで住人が選んだ避難先は、オランダにある過疎掲示板。サイバースペース民族大移動を目撃してしまった感がありますが、とにかくオランダはリアルでもソドムと言うには惜しいくらいのパラダイス。人も酒もフードも優しい!

 

まだまだアムステルダムにいます!!

 

 

アムステルダムの ボートハウス

f:id:T_TAPER:20160823012806j:plain

 アムステルダムといえば運河、運河といえばボートハウス。ロンドンだとカナルボートとか言って以上に細い船に住んでたりしますが、アムステルダムのボートは比較的デカくて家っぽいです。デザインも多種多様なので、観ていて飽きない。

 

また、このようなサイトを見ると、ボート単位での貸出はそこまで高く無い模様。

何人かで泊まると普通に楽しそうです。お値段は1泊3000円くらいから。

 

 アムステルダムの日本食

f:id:T_TAPER:20160823012531j:plain

アムステルダムには、そこそこ目立つ頻度で日本食屋があります。勿論、他の都市に比べてそこまで多くないですが、そもそも飲食店の絶対数が少ないような気がするアムステルダムにおいては、十分多い方なのではないでしょうか。

 

で、見つけたのがこの『おたる』。公式サイトもありました。

 

f:id:T_TAPER:20160823012541j:plain

この時は殆どお客さんが居ませんでしたが、結構普通の日本食屋という感じで、『焼肉セット』が22.5ユーロといいお値段。牛丼は10.5ユーロみたい。結構するが、まあこんなものかと。

 

住所:Frans Halsstraat 2, 1072 BR Amsterdam

 

 

ハイネケン・エクスペリエンス(Heineken Experience)

f:id:T_TAPER:20160823012558j:plain

 

 

 

f:id:T_TAPER:20160823012621j:plain

もうビールを飲むしか無いなら、ここに来るべき。

 

 

f:id:T_TAPER:20160823012645j:plain

 

f:id:T_TAPER:20160823012659j:plain

 

 オランダ国立美術館に行く

f:id:T_TAPER:20130805052114j:plain

とまあ、見どころは全く尽きないアムステルダム。他にもハッピーになれそうな『ハシシ博物館』やら飾り窓エリアにもそっち方面の博物館的なスポットが沢山ある模様。

 

 

f:id:T_TAPER:20130805052923j:plain

しかし!

 

今回のアムステルダム訪問で最も満足度が高かったのはここ!

『オランダ国立美術館』(Rijksmuseum)

Rijksmuseum - Rijksmuseum

大人の入場料17.5ユーロと高額だが、その分展示量がとにかく半端でない。

可能なら半日以上はかけてゆっくり回りたい所。

そして此処にはあの世界的超有名絵画、レンブラントの『夜警』が展示してあるのです!!

 

IMG_8353

入場ゲートを超えると真っ先に見えてくるのが、「ラオコーン」 。

 

 

IMG_8354

勿論レプリカではありますが、精巧な同スケールなので一見の価値ありです。

苦悶の表情を浮かべるラオコーンはかなり衝撃的。

 

IMG_8355

勿論、360°どの角度からでも見ることが出来ます。

 

IMG_8356

IMG_8357

横に居る息子たちもナイス表情です。

 

IMG_8358

IMG_8359

とまあ、このような感じでヘレニズム時代から始まり、世界各地の古代文明芸術をかなり広範に網羅した展示内容になっています。

 

IMG_8364

 

展示方法も非常にカッコよく、流石アート大国だけあってセンスが光りまくりです。

建物も新し目でキレイ。

 

IMG_8368

 

ブッダはオランダでも人気の様です。

 

IMG_8370

どの程度がレプリカなのかは分かりませんが、一応英語とオランダ語の説明があるので分かり易い方だと思います。シヴァ神も意外と大きいんですね。

 

IMG_8377

IMG_8378

IMG_8379

意外とアジア圏の美術品が多いです。

 

IMG_8383

日本文化圏も専門コーナーがあり、鍔コレクションなどもありました。

 

IMG_8392

ちなみに、大きな立像などはガラスケースには入れられておらず、近くまで寄って観察することが出来ます。素晴らしい展示方法です。

照明もなかなか明る目なので、写真写りも良い方かと。

 

IMG_8394

IMG_8400

と、比較的メジャーなアジア文化の紹介もしっかりとされています。

とは言え、オランダはバリバリのキリスト教圏、宗教絵画の数は圧倒的です。

 

が!!

 

今回は時間が無かったので殆どスルー。流石に日本文化は見逃せねえ!ということで見て回っただけです。展示量はとにかく膨大なので、公式サイトで色々しらべると面白いです。

 

IMG_8422

海洋大国オランダを象徴する様な美術品の展示もなかなか興味深いです。

やはり、、ですね。

 

IMG_8424

どこかの時代の海戦絵画は結構見ることが出来たので、比較的歴史に興味が有る人が見たら面白いと思います。美術館とは言え、実質歴史博物館と言っても差し支えないのがこの、ライクスミュージアム。

 

コレがレンブラントの『夜警』だ!

f:id:T_TAPER:20160823012734j:plain

 

そして遂にレンブラントの『夜警』を見に行きます。

やたらと広い回廊の先に、その絵が置いてあるのですがこの廊下の天井がまたすごい!

 

IMG_8457

様々なシーンが描かれた天井装飾。

よく見てみると、結構精密に描かれています。

 

IMG_8458

宗教画なのでしょうか。ミュシャを彷彿とさせるタッチの現代的な絵の様に感じます。

 

IMG_8459

 

アッーーー!!

萌えーーー!!!!

 

 

IMG_8460

オランダ語は読めませんが、年号っぽい数字が書いてあるので歴史的出来事を表したものなのかも知れません。

 

IMG_8461

 

いいですねー

 

IMG_8462

IMG_8463

 

 

f:id:T_TAPER:20160823012450j:plain

 

そんな感じで、荘厳な廊下を渡っていくと、突き当りにこの絵が展示されています。

 

 

IMG_8467

 

夜警。照明は特に当てられていないのに、このスポット光が当たっているかのような絵です。比較的空いていた美術館内も、ここだけは凄い人集りですね。

 

IMG_8468

 

その他にも素晴らしい絵の数々が展示。

人がやたらと登場する絵画は観ていて面白いです。

 

まだまだ展示は続く

 

 

 

IMG_8426

そんな感じで名作を観た後は、適当にブラブラ。

例えば、このやたらと日本刀が引っ掛かった武器ラック。

 

IMG_8427

 

如何にも「観賞用武器」って感じです。

 

IMG_8430

模型にしては少し巨大すぎるような気がする軍艦や。

 

IMG_8446

どっかで見たこと有るような絵

 

IMG_8406

 

中国の青磁

 

IMG_8403

 

この壺は高そう

 

IMG_8476

 

はたまたナポレオンも。

とにかく展示品・ジャンルが多いので、アムステルダムでは是非お勧めです。

 

 

 

画像の無断転載を禁じます